英語の敬称「ミス」「ミセス」「ミズ」の違いを理解しよう!女性の正しい敬称の使い分け法

「ミス」「ミセス」「ミズ」の英語敬称の基本的な意味と使い方

英語圏では、女性に対して敬意を示す際に「ミス」、「ミセス」、「ミズ」という敬称を使います。それぞれの敬称が持つ意味や使い方は以下の通りです。まず、「ミス」(Miss)は未婚の女性に対して使用される敬称で、主に若い女性に用いられます。次に、「ミセス」(Mrs.)は結婚している女性に用いられる敬称で、相手の結婚の有無が分かる場合に使用します。最後に、「ミズ」(Ms.)は結婚の有無が不明である場合や、結婚しているかどうかを明示したくない女性に対して使用される敬称で、ビジネスシーンなどでは最も一般的に使われます。このように、それぞれの敬称を使い分けることで、女性に対して敬意を示すことができます。

「ミス」を使うべき女性の条件と注意点

「ミス」は、主に若い未婚女性に対して使われる敬称です。独身であることを明示するために使用されるため、相手が結婚しているかどうか不明な場合は避けた方が無難です。また、基本的にはファーストネーム(名前)やラストネーム(苗字)に続けて使用しますが、相手の名前が分からない場合は、単独で「ミス」と呼ぶこともあります。ただし、相手を尊重する立場から、できるだけ名前を知る努力をしましょう。

注意点としては、相手が結婚しているかどうか判断し難い場合や、年齢が高めの女性に対しても、安易に「ミス」という敬称は使用しない方が良いでしょう。無礼になる可能性があるため、他の敬称を使用するか、敬称を省略して呼びかけることを検討してください。

「ミセス」の正しい使用法と対象となる女性

ミセス(Mrs.)は、結婚している女性に対して使用される敬称です。主に既婚女性の姓名の前に付けて表現します。また、ミセスの後ろには旦那様の名前が続くことが一般的です。例えば、「Mrs. Smith」や「Mrs. John Smith」のように表記します。しかし、近年では女性が結婚後も自分の姓を使い続けるケースが増えてきましたので、「Mrs. Jane Williams」のようにファーストネームと共に自分の姓を使うケースもあります。注意点としては、未婚の女性に対して誤ってミセスを使わないように気を付けることが重要です。また、相手が明らかに若い場合や結婚の有無がわからない場合にも、ミスやミズなど他の敬称を使ったほうが無難です。

「ミズ」を用いる理由とその対象

「ミズ」(Ms.)は、英語の敬称で、女性の結婚の有無に関係なく使われるものです。これは、女性が結婚しているか否かを明示せずに敬意を表すことができるため、特にビジネスシーンで広く使われています。その起源は、20世紀に女性の地位向上を求める運動から生まれ、女性の結婚状況によって敬称を使い分けることに対する抵抗が背景にあります。

「ミズ」の対象としては、以下のような場合が挙げられます。

  1. 女性が結婚しているかどうか不明な場合
  2. 結婚の有無に関わらず、プロフェッショナルな状況で敬称を使用する場合
  3. 女性が個人的に「ミス」や「ミセス」の使用を望まない場合

結婚の有無を聞いて敬称を決める方法

女性の敬称を決める際には、まず相手の結婚の有無を確認することが大切です。しかし、直接相手に結婚しているかどうかを尋ねるのは失礼にあたることもあるため、適切な方法で確認しましょう。例えば、共通の知人や他の同僚に聞くことができます。また、相手が指輪を身につけているかどうかを確認することも一つの方法です。しかし、指輪をしていても結婚していないこともあるため、確証を持って判断することが難しい場合もあります。

そのような場合は、まず最初に中立的な敬称「ミズ」を使用しましょう。相手との関係が深まるにつれて、適切な敬称が判明してくることが多いです。気を遣うことができる相手であれば、自然と相手から結婚に関する情報が出てくることもあります。また、今後の英語圏でのコミュニケーションを円滑に進めるためにも、他者へのリスペクトや適切な敬称使用を心掛けましょう。

ビジネスシーンでの敬称の使い分け

ビジネスシーンでは、相手の結婚の有無や年齢などの個人的な情報を把握していないことが多く、正しい敬称を使う必要があります。まず、相手が敬称を自己紹介で明らかにしている場合は、その敬称を使用しましょう。しかし、敬称が分からない場合は、「ミズ」(Ms.)を用いるのが無難です。「ミズ」は結婚の有無を問わず、あらゆる女性に対して使える敬称であり、公式な場や初対面の相手に用いるのに適しています。

また、相手が年齢が高い場合や親しくない相手に対しては、「ミセス」(Mrs.)を使用することもできます。ただし、相手が未婚だと分かっている場合は、「ミス」(Miss)を用いるべきです。最近では、性別に関係なく「Mr.」(男性)や「Ms.」(女性)を使用する企業も増えています。

ビジネスシーンでは、相手を尊重し、敬意を表することが重要ですので、正しい敬称を使って相手とコミュニケーションを図りましょう。

英語圏での実例とよくある誤り

英語圏での実例において、よく使用される敬称は「ミス」・「ミセス」・「ミズ」ですが、場合によっては誤って使用されることがあります。例えば、未婚の女性に対して「ミセス」を使ってしまったり、既婚の女性に対して「ミス」を使用してしまうことがあります。また、ビジネスシーンでは、相手が既婚か未婚か分からない状況で「ミセス」や「ミス」を使い分けるのが難しい場合があります。そのため、「ミズ」が最も安全な敬称として用いられることが多いです。

誤りを避けるためにも、相手の結婚情報をできるだけ確認してから敬称を使い分けることが重要です。また、不確かな場合は「ミズ」を使用することで、失礼のない対応が可能です。

最後に、英語圏で敬称を適切に使い分けることでコミュニケーションがスムーズに進みますので、意識して正しい敬称の使い分けを心がけましょう。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授