【実践向け】recommendの意味と正しい使い方:おすすめ表現3パターンと例文

「Recommend」の意味と基本的な使い方

「Recommend」とは、英語で「勧める」「おすすめする」という意味を持つ動詞です。何か人に勧めたい物やサービス、またはアドバイスを伝えたいときに使われます。基本的な使い方は、「recommend+目的語(勧めたい物やサービス)+(必要に応じて理由や状況)」となります。

例えば、友人においしいレストランを勧めたい場合、「I recommend this restaurant.」(このレストランをおすすめします。)と言います。さらに理由を追加するなら、「I recommend this restaurant because their pizza is delicious.」(このレストランのピザがおいしいからおすすめします。

【実践向け】recommendの意味と正しい使い方:おすすめ表現3パターンと例文

  1. 「Recommend」の意味と基本的な使い方
    「Recommend」は、誰かに何かを薦める、或いは、試してみる価値があると考えることを示す英語の単語です。基本的な使い方は、「名詞」と「動詞」です。「I recommend this book」といった具合に、自分がおすすめするものを伝える時に使うことができます。
  2. おすすめ表現パターン1:「I recommend ~」
    この表現は、シンプルで直接的にあなたがおすすめするものを伝える時に使用します。「I recommend this restaurant」(このレストランをおすすめします)など、具体的な物や場所に関して自分の意見や体験をもとに推薦する際に用いられます。
  3. おすすめ表現パターン2:「I would recommend ~」
    「I would recommend ~」は、「I recommend ~」よりも少し丁寧な表現です。「would」を用いることで、一歩引いた立場からアドバイスや提案をしているようなニュアンスが伝わります。例えば、「I would recommend trying the pasta here」は、「ここのパスタを試すことをおすすめします」という意味になります。
  4. おすすめ表現パターン3:「I highly recommend ~」

「I highly recommend ~」は、「I recommend ~」の表現をさらに強調した形です。「highly」は「非常に」という意味で、このフレーズは「大変おすすめします」という意味になります。「I highly recommend ~」は、自分が経験したことや確信していることを強くおすすめするときに使う表現です。基本的な使い方は、「I recommend ~」と同様で、「I highly recommend」の後ろにおすすめするものや行動を続けます。

例えば、「I highly recommend this book to anyone interested in history」(歴史に興味のある人にはぜひこの本をおすすめします)のように使います。この表現は、自分が特に良いと思うものや絶対にやってほしい行動を他の人に伝えたいときに便利です。

それぞれの表現パターンの違いとニュアンス

それぞれのおすすめ表現には、微妙な違いやニュアンスがあります。まず、「I recommend ~」は、自分が経験したり試したりしたことに対して、他の人にも試してみることを勧める際に使用されます。これは、最もシンプルで直接的なおすすめ表現です。

次に、「I would recommend ~」は、「I recommend ~」よりも少し丁寧な表現です。特定の状況や条件下でのおすすめを示していることが多く、選択肢がある中であなたが特に推奨するものを伝えるときに使います。

最後に、「I highly recommend ~」は、強くおすすめするものに対して使用されます。「非常におすすめ」という意味で、他の選択肢に比べて優れていると感じた場合に用いられます。

それぞれの表現は、自分の経験や意見に基づいて、相手に何かを試すよう勧める度合いが変わります。シチュエーションや相手との関係に応じて、適切なおすすめ表現を選んで使用しましょう。

6.実践的な例文で見るおすすめ表現

ここでは、実際の日常のシーンで使われるおすすめ表現について例文を交えて詳しく解説します。具体的な場面を想像しながら、それぞれの表現がどのようなシチュエーションで使われるのか、またそのニュアンスがどのように伝わるのかを理解しましょう。例えば、映画や飲食店の紹介、旅行先の観光スポットの紹介など、さまざまな場面でおすすめ表現を効果的に使いこなすことができるようになります。

実践的な例文で見るおすすめ表現は、「I recommend ~」、「I would recommend ~」、「I highly recommend ~」の3つのパターンがあります。それぞれのパターンによって、アドバイスや提案の強さが異なります。具体的な例文とともに、それぞれの表現の使い方を押さえておくことで、様々な状況に対応できるコミュニケーション能力が身に付きます。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授