英会話で迷ったときに役立つ!英語の「つなぎ言葉」25選を習得しよう

会話をスムーズにする英語のつなぎ言葉

英会話において会話をスムーズに進めるためには、つなぎ言葉が重要な役割を果たしています。英語のつなぎ言葉は、自分の考えを整理しながら、相手にわかりやすく伝えるための助けとなる言葉のことです。例えば、「それについては」と言いたいとき、「Speaking of which,」や「As for that,」といった表現が使われます。また、「しかし」や「だから」といった意味を表すフレーズも、つなぎ言葉として活用されています。つなぎ言葉を覚えて使いこなすことで、英会話のスムーズさが大幅に向上し、自然な会話ができるようになります。

次に、相手とのコミュニケーションを円滑にするためのよく使われるフレーズ集を紹介します。

相手とのコミュニケーションを円滑に!よく使われるフレーズ集

英会話において、スムーズなコミュニケーションを実現するためには、適切な言葉を用いることが重要です。ここでは、相手とのコミュニケーションが円滑に進むようなよく使われるフレーズをいくつかご紹介しましょう。

まず、「それは面白い/興味深い」というニュアンスを表すには、「That’s interesting」と言います。「分かりました」なら、「I got it」や「I understand」が適切です。「続けてください」は、「Please go on」や「Please continue」で、相手に話を進めてもらうことができます。

また、自分の意見を述べる際には、「In my opinion」や「I think that」といった表現を使えば、丁寧に意見を伝えることができます。質問するときは、「Can I ask you a question?」や、「Could you please tell me〜?」といった丁寧な表現を使いましょう。

相手の意見を尋ねたい場合、「What do you think about it?」や「How do you feel about it?」が適切です。また、相手に感謝を伝えたいときは、「Thank you」や「I appreciate your help」と言えば、自分の感謝の気持ちを適切に表現することができます。

これらのフレーズをマスターし、英会話でより円滑なコミュニケーションを図ることができるように練習していきましょう。

会話の質を向上させる英語の「つなぎ言葉」25選

英会話をスムーズに進めるためには、「つなぎ言葉」が非常に重要です。ここでは、会話の質を向上させるための英語の「つなぎ言葉」を25選ご紹介します。

  1. Well(えーと)
  2. Anyway(とにかく)
  3. So(だから)
  4. But(しかし)
  5. Because(なぜなら)
  6. However(しかしながら)
  7. On the other hand(一方で)
  8. For example(例えば)
  9. Therefore(それゆえに)
  10. In addition(加えて)
  11. Moreover(その上)
  12. Otherwise(それ以外の場合)
  13. In fact(実際には)
  14. Actually(実際)
  15. Besides(その他にも)
  16. First(ますまず), Second(次に), Third(最後に)
  17. To sum up(まとめると)
  18. As a result(結果として)
  19. Meanwhile(その間に)
  20. By the way(ちなみに)
  21. In conclusion(結論として)
  22. In summary(要約すると)
  23. In other words(他の言い方をすると)
  24. All in all(全体的にみて)
  25. In short(短く言えば)

これらの「つなぎ言葉」を覚えて、英会話の中でうまく使いこなすことで、会話がスムーズに進み、相手とのコミュニケーションもより円滑になります。状況に応じて使い分けて、英会話のスキルを向上させましょう。

英語でのミスを避けるための「つなぎ言葉」活用テクニック

英語での会話中に、「つなぎ言葉」をうまく使うことで、誤解を生むことが少なくなり、スムーズなコミュニケーションができるようになります。ここでは、英語でのミスを避けるための「つなぎ言葉」活用テクニックを紹介します。

まず、相手に自分の主張や意見を伝える際に、「つなぎ言葉」を使って明確に表現しましょう。例えば、「I think」と言う前に、「To be honest」や「In my opinion」を追加することで、自分の考えをはっきりと伝えることができます。

次に、話題の切り替えや質問をするときにも、「つなぎ言葉」が役立ちます。「By the way」や「On a different note」を使って、会話のテンポを変えずに話題を切り替えることができます。また、「つなぎ言葉」を使って質問をリードすることで、相手に質問の意図を明確に伝えることができます。

さらに、「つなぎ言葉」を活用して、相手への理解や同意を示すことも大切です。「I see」「That makes sense」や「I agree」など、相手の言っていることに対して理解を示すフレーズを使いましょう。

最後に、相手とのコミュニケーションを円滑にするためには、相手の言葉に対して適切な反応を示すことが不可欠です。「つなぎ言葉」を使って、「Oh, really?」や「I didn’t know that」などの驚きや興味を表現することで、会話をさらに盛り上げることができます。

これらの「つなぎ言葉」活用テクニックを身につけることで、英語でのミスを避けるだけでなく、相手とのコミュニケーションもより自然で円滑に進めることができるでしょう。

英会話の成長を加速させる!「つなぎ言葉」使い分け術

英会話を上達させるためには、単にボキャブラリーを増やすだけでなく、適切な「つなぎ言葉」を使い分けることが重要です。この章では、「つなぎ言葉」の使い分け術について詳しく解説します。例えば、同じ意味のつなぎ言葉でも、フォーマルな状況とカジュアルな状況で適切な表現が異なります。ここでは、そうした状況別の使い分け方を学び、英会話の成長を加速させましょう。また、意見を述べる際や相手に質問する際など、会話のシーンに応じた「つなぎ言葉」の使い方も紹介します。これらの使い分け術をマスターすることで、英語でのコミュニケーションがより自然でスムーズになり、相手との距離も縮まることでしょう。英会話の成長を目指して、ぜひ参考にしてください。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授