社会人必見!初心者でも英語が上達する大人の勉強法&英語学習テクニック

基本から始める!英語の基礎力を鍛えるための効果的な勉強法(リスニング、スピーキング、ライティング、リーディング)

英語学習の基礎力を鍛えるためには、まずリスニング、スピーキング、ライティング、リーディングの4つのスキルをバランス良く伸ばす必要があります。ここでは、それぞれのスキルを上達させる効果的な勉強法を紹介します。

リスニングについては、英語の音声を繰り返し聞くことで耳を慣らしましょう。例えば、英語のニュースやポッドキャストを毎日少しずつ聞いたり、英語の映画やドラマの字幕をオフにして視聴することが効果的です。

スピーキングの練習には、日常会話で使えるフレーズを繰り返し発音することが大切です。また、友達や同僚と英語で会話をする機会を作ったり、オンラインで英会話レッスンを受けることもおすすめです。

ライティングのスキルアップには、英語で日記を書いたり、SNSで英語の投稿をすることが効果的です。さらに、英語で考える練習も重要ですので、何かを表現しようとする際に英語の文章をイメージするように心がけましょう。

リーディング力を高めるためには、英語の記事や書籍を積極的に読むことが大切です。難易度や興味に合わせて、まずは短い記事や物語から始めることをおすすめします。また、知らない単語が出てきたら、その場で調べて意味を理解することも重要です。

いかがでしょうか。英語の基礎力を鍛えるためには、リスニング、スピーキング、ライティング、リーディングのすべてに取り組むことが大切です。ぜひ、これらの勉強法を試してみてください。

時間を無駄にしない!忙しい社会人のための時間の作り方

忙しい社会人にとって、時間を有効活用することが英語学習のカギとなります。まず、自分のスケジュールを見直し、効率的な時間割を作成しましょう。例えば、通勤時間や昼休みを利用して英語のポッドキャストを聞いたり、単語やフレーズを練習することができます。

また、スマートフォンやタブレットに英語学習アプリをインストールして、隙間時間に手軽に学習ができるように心掛けましょう。どんなに忙しくても、僅かな時間でも英語に触れることが大切です。

さらに、自分が最も集中できる時間帯を見つけ、その時間帯に集中して学習することも効率的な学習につながります。例えば、朝型の人は朝の1時間を英語学習に充てると良いでしょう。

無理に長時間勉強するのではなく、短時間でも集中して取り組むことが重要です。スキマ時間を有効活用し、日々の英語学習に取り組んでいくことで、効果的な時間管理ができるようになります。

絶対に忘れない!単語・フレーズを効率的に覚えるためのテクニック

効率的に単語やフレーズを覚える方法として、まず「スペースドリピティション」という学習法を取り入れましょう。これは、一定の間隔で単語やフレーズを復習することで、記憶の定着を促す方法です。アプリやカレンダーを使って、覚えたい単語やフレーズを計画的に復習しましょう。

また、単語帳を活用することも効果的です。自分で作成したり、市販の単語帳を使って、一定量の単語を毎日学習しましょう。ただし、ただ単語を並べるだけではなく、例文や状況をイメージして、実際に使えるように練習しましょう。

さらに、単語やフレーズを覚える際は、できるだけ五感を使って学習することが重要です。例えば、単語カードに絵を描く、音声を聞く、口に出して発音する、実際に使ってみるなど、視覚・聴覚・発話といった多様な方法で学ぶことで、記憶に定着しやすくなります。

最後に、学んだ単語やフレーズを実際の英語コミュニケーションで使うことが大切です。ネイティブスピーカーとの会話や、友人・知人との英語でのやり取りなど、積極的に英語を使う機会を作ることで、覚えた単語やフレーズが定着しやすくなるでしょう。

英語学習におけるモチベーション維持の秘訣

英語学習を継続するためには、モチベーションを維持することが非常に重要です。まず、自分が英語を学びたい理由や目標を明確にしましょう。目標は具体的で達成可能なものに設定することが大切です。

次に、英語学習の進捗や成果を可視化し、自分自身との競争を楽しんでみましょう。例えば、単語を覚えた数や実際に英語で会話できた経験など、具体的な数値や経験を記録し、達成感を得ることが継続の鍵です。

また、英語学習においては、短期的な成果に焦らずに、長期的な視野を持つことが大切です。焦らず無理をせず、自分に合ったペースで着実に学習を進めましょう。

さらに、英語学習仲間を見つけることもモチベーション維持に役立ちます。一緒に学ぶことで刺激を受けるだけでなく、お互いに励まし合いながら楽しく学び続けることができます。

最後に、英語学習を日常生活に取り入れることで、自然と英語に触れる機会を増やしましょう。例えば、英語のニュースや映画を観る、英語の本を読む、英語で書かれたSNSをチェックするなど、日常の中に英語を取り入れることで、学習を継続しやすくなります。

モチベーションを維持するためには、目標設定や進捗の可視化、仲間との学び合いや英語を日常生活に取り入れることが大切です。これらの秘訣を活用して、継続的に英語学習を楽しみましょう。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授