「Of course」だけじゃない?英語で「もちろん」を使いこなす!シーン別スマートな返答フレーズ集

1.基本の「もちろん」表現:「Of course」以外にも知っておきたいフレーズ

英語で「もちろん」と言いたいときに真っ先に思い浮かぶのが「Of course」ですが、実は他にも様々な表現があります。ここでは、「Of course」以外の基本的な「もちろん」を意味する英語表現をご紹介します。

1-1.「Certainly」
「Certainly」は、「Of course」と同じくらいポピュラーなフレーズで、「もちろん」と同じ意味を持ちます。ただし、「Of course」よりもややフォーマルな印象があるため、ビジネスシーンなどではより適切に使われることが多いです。

1-2.「Absolutely」
「Absolutely」は非常に強い同意を表すフレーズで、「もちろん!」や「間違いなく!」というニュアンスが含まれています。友人とのカジュアルな会話や、自信を持って主張したいときに使いましょう。

1-3.「Sure」
「Sure」は、「もちろん」や「いいよ」という意味で使われるフレーズで、カジュアルな会話や友人とのやりとりに適しています。年齢や立場に関係なく使える便利な表現です。

1-4.「Indeed」
「Indeed」は、「もちろん」や「実際」という意味で使われるフレーズで、主にフォーマルな場面や、強調したいときに使われます。例えば、「その通りです」や「認めざるを得ない」というニュアンスで使うことができます。

これらの基本的な「もちろん」表現を覚えておくことで、英語でのコミュニケーションがよりスムーズになります。次の章では、シチュエーション別に「もちろん」を使い分ける方法を学んでいきましょう。

2.シチュエーション別「もちろん」表現の使い分け:英語でスマートに返答しよう

英語での会話においても、状況に応じて適切な表現を選ぶことが大切です。同じ「もちろん」という意味でも、友達とのカジュアルな会話やビジネスシーンなど、シチュエーションによって使い分けを心がけましょう。以下に、シチュエーション別に使い分ける「もちろん」の英語表現をいくつか紹介します。

  1. 普通の会話:「Certainly」や「Definitely」
  2. ビジネスシーン:「Absolutely」や「Indeed」
  3. フォーマルな場面:「By all means」や「Unquestionably」
  4. カジュアルな会話:「Sure」や「Yeah, for sure」

シチュエーションに合わせた「もちろん」の表現を使い分けることで、英語の会話がスマートになり、相手にも好印象を与えることができます。様々なシーンで活用して、自然な英語を身につけましょう。

3.日常会話で使える「もちろん」の返答:シチュエーション別の英語表現

日常会話で「もちろん」を使う場面は多岐にわたりますが、それぞれのシチュエーションに応じた英語表現を使いこなすことで、より自然でスマートなコミュニケーションが可能になります。以下では、さまざまなシチュエーションでの「もちろん」の返答例をご紹介します。

・友人との会話での返答例

  • 「Sure」:軽やかな印象で、友達同士のカジュアルな会話にふさわしい表現です。
  • 「Absolutely」:やる気や自信に満ちた返答として使われることが多いフレーズです。

・レストランでのオーダー時の返答例

  • 「Yes, please」:丁寧な表現で、店員さんに対して好意的な印象を与えることができます。

・異文化交流での返答例

  • 「Definitely」:強い意志を感じさせる表現で、相手に対する興味や共感を示すことができます。

・親しい相手への直接的な返答例

  • 「You bet」:親しみやすい雰囲気を醸し出す表現で、親しい間柄の会話に適しています。

これらの例のように、シチュエーションに応じた「もちろん」の返答を使いこなすことで、英語での日常会話がさらにスムーズになります。是非、自分に合った表現を見つけて使ってみてください。

4.ビジネスシーンで活躍する「もちろん」:プロフェッショナルな英語フレーズ

 ビジネスシーンでは、相手に対して適切な言葉を使うことが非常に重要です。そこで、「もちろん」という意味を表すプロフェッショナルな英語フレーズをご紹介します。

  1. Certainly: ビジネスシーンで使われることが多い、丁寧でかつ堅い表現です。例えば上司に「この資料を確認してもらえますか?」と聞かれたときに、「Certainly」と返答することで、自分の意志や確信をしっかりと示すことができます。
  2. Absolutely: 強調したい時に使える、自信に満ちた表現です。プロジェクトの進捗状況について質問された際、「Absolutely, we are on schedule」と答えることで、問題なく進んでいることを示すことができます。
  3. Without a doubt: 確信を表す言葉で、迷いなくその内容を伝えたいときに使います。「Without a doubt, our team has the skills to complete this project」と言えば、チームの能力を強くアピールできます。
  4. Definitely: 「絶対に」という強い意志を示す言葉で、相手に自分の意志や決意を伝えるときに使います。「We will definitely meet the deadline」と答えることで、締め切りに間に合わせる自信を示すことができます。

これらのプロフェッショナルな英語フレーズをビジネスシーンで使いこなすことで、相手に自分の意志や確信を伝えることができます。適切な場面で使い分けることが大切ですので、積極的に練習してみましょう。

5.フォーマルな場面での「もちろん」:丁寧な英語表現をマスターしよう

フォーマルな場面では、相手をリスペクトし、丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。ビジネスや公式な場での会話で、「もちろん」という意味を伝える英語表現をマスターしましょう。

1.「Certainly」: 当然です、確かに
フォーマルな場でよく使われる「もちろん」の表現。しっかりとした認識を示すことができます。

例:Certainly, I will complete the task by tomorrow. (もちろん、明日までにその仕事を終わらせます)

2.「Indeed」: まさしく、確かに
相手の意見に同意する際に使う一般的な表現で、真剣さを伝えることができます。

例:Indeed, the CEO’s speech was very inspiring. (確かに、CEOのスピーチはとても感動的でした)

3.「Absolutely」: 絶対に、完全に
強い同意を示す表現で、フォーマルな場面でも使えます。自信に満ちた返答になります。

例:Absolutely, the proposal is worth considering. (もちろん、その提案は検討に値します)

4.「By all means」: どうぞ、是非とも
何かを承諾する時にフォーマルな表現として用いられます。

例:By all means, please proceed with your suggestion. (是非、ご提案通り進めてください)

これらの表現を覚えておくことで、フォーマルな場面でもスマートな英語で「もちろん」を使いこなせるようになります。相手に好印象を与えることができ、円滑なコミュニケーションが図れるでしょう。

6.カジュアルな会話での「もちろん」:リラックスした雰囲気で使える英語フレーズ

カジュアルな会話では、リラックスした雰囲気で「もちろん」を表現したい場合があります。友達や家族との会話で、堅苦しくならずに相手に伝えられる表現が好まれます。ここでは、カジュアルなシーンで使える英語フレーズをご紹介します。

  1. “Sure thing!”(もちろん、大丈夫!)
    このフレーズは、友達同士の会話でよく使われ、ポジティブなニュアンスが含まれています。相手の要望や提案に対して簡潔に「もちろん」を伝えたい場合に適した表現です。
  2. “Definitely!”(間違いなく!)
    ちょっとした確認や、相手の意見に賛成するときに使えるフレーズです。自分の気持ちや考えを強調して伝えることができます。
  3. “Absolutely!”(完全に同意!)
    自分が何かを確信しているときや、相手の意見に同意するときに使うフレーズです。強い自信を持っていることを伝えられる表現です。
  4. “You bet!”(もちろん、賭けてもいいよ!)
    カジュアルな会話で使われる陽気なフレーズで、相手に自分の意志を明確に伝えることができます。特にアメリカ英語でよく使われる表現です。

これらのフレーズは、カジュアルな場面でリラックスした雰囲気を作りながら、「もちろん」という意味を伝えるのに適しています。覚えておくと、英語の会話がさらに楽しくなるでしょう。

7.「もちろん」を使った英語フレーズの応用:会話でのバリエーションを増やそう

基本的な「もちろん」の表現やシチュエーション別のフレーズをマスターしたら、次はもっと会話でバリエーションを増やすための応用編です。例えば、「もちろん」を強調するために、”Absolutely” や “Definitely” といった言葉を前につけることができます。さらに、相手に対して自分の意思表示を強く伝える際には、”By all means” や “Without a doubt” といったフレーズを使うことができます。

また、質問に答える際や同意を示す際に、疑問詞を使ったフレーズを取り入れることで、より柔軟な表現が可能です。例えば、「もちろん~ですよね?」というニュアンスで質問に答える際には、”Of course, right?” や “Surely, isn’t it?” などのフレーズが使えます。

応用編を学ぶことで、一つの言葉「もちろん」だけでなく、さまざまなシチュエーションやニュアンスに合わせて柔軟に英語表現ができるようになります。積極的にフレーズを使って、英語でのコミュニケーションを楽しみましょう。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授