「教えてください」の英語版!場面別に活用できる7つのフレーズを徹底解説

まず知っておきたい「教えてください」の基本フレーズ7選

英語で「教えてください」を伝える際に覚えておきたい基本フレーズを7つご紹介します。これらのフレーズをマスターすれば、さまざまな場面で自然な英語表現ができるようになります。

  1. “Please tell me.” (教えてください)
  2. “Can you tell me?” (教えてもらえますか?)
  3. “Could you tell me?” (教えていただけますか?)
  4. “Can you teach me?” (教えてくれますか?)
  5. “Could you teach me?” (教えていただけますか?)
  6. “I wonder if you can tell me.” (教えていただけるかどうか教えていただけますか?)
  7. “Would you mind telling me?” (教えていただいてもいいですか?)

これらのフレーズは、状況や相手との関係に応じて使い分けることが大切です。次の項目では、日常会話で使える「教えてください」の表現をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

日常会話で使える「教えてください」の表現

日常会話では、カジュアルな表現やフレーズを使って、「教えてください」という意味を伝えることができます。以下に、日常会話で使える「教えてください」の英語表現をいくつかご紹介します。

  1. Can you tell me…?(~を教えてもらえますか?)
    例: Can you tell me where the nearest station is?(最寄りの駅はどこですか?)
  2. How do I…?(~はどうやって?)
    例: How do I get to the post office?(郵便局にはどうやって行けますか?)
  3. What’s the…?(~はどういう意味ですか?)
    例: What’s the price of this item?(この商品の値段はいくらですか?)
  4. Could you show me…?(~を教えていただけますか?)
    例: Could you show me how to use this machine?(この機械の使い方を教えていただけますか?)
  5. Do you know…?(~を知っていますか?)
    例: Do you know where I can find a good restaurant?(おすすめのレストランはどこか知っていますか?)
  6. Can you help me with…?(~のことを手伝ってもらえますか?)
    例: Can you help me with my homework?(宿題を手伝ってもらえますか?)
  7. What do you think about…?(~についてどう思いますか?)
    例: What do you think about this movie?(この映画についてどう思いますか?)

これらのフレーズは、さまざまなシチュエーションで「教えてください」という意味を伝えられるため、覚えておくと便利です。

その他の場面に合わせたフレーズや例文は、引き続きご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

職場やビジネスシーンで使える「教えてください」の表現

ビジネスシーンでは、相手に敬意を払いながら、効率的に情報を得ることが重要です。「教えてください」を英語で伝える際に、職場やビジネスシーンに適した表現を使いましょう。

  1. Could you please inform me … ?(~を教えていただけますか?)
    この表現は、相手に丁寧に頼む際に使用します。特に、上司や先輩など目上の人に頼む時に適しています。
  2. I’d appreciate it if you could tell me … (~を教えていただけると助かります)
    相手に感謝の意を示しながら、情報を求める表現です。柔らかい印象を与えるため、ビジネスシーンでの使用に適しています。
  3. Can you provide some guidance on … ?(~についての指導をいただけますか?)
    専門的な質問やアドバイスを求める際に、この表現を使うと適切です。相手の専門性や知識を尊重する印象を与えます。
  4. Would you mind sharing your thoughts on … ?(~についてのご意見をお聞かせいただけますか?)
    相手の意見や考えを求めたい時に使う表現です。敬意を払って相手の考えを尊重することを示すことができます。
  5. Could you clarify … for me?(~を明確にしていただけますか?)
    曖昧な点や理解できない部分について、相手に説明を求める際に使用します。相手に対して、丁寧に質問することが求められるシーンで適しています。

これらの表現を使い分けることで、ビジネスシーンでの「教えてください」の要求がスムーズに行えるでしょう。相手との関係性や場の雰囲気に応じて、適切な表現を選ぶことがポイントです。

親しみを感じさせる「教えてください」のカジュアルな言い方

英語には、くだけた表現がたくさんあります。知り合いや友人と話すときに、親しみを感じさせる「教えてください」のカジュアルな表現を使いましょう。

  1. Can you tell me?
    「教えてもらえる?」という意味です。この表現は少しカジュアルで、友達同士の会話にぴったりです。
  2. Do you know?
    「知ってる?」と聞く表現です。直接「教えてください」と言わず、相手に情報を持っているかどうか確認するニュアンスがあります。
  3. Could you let me know?
    「教えてくれる?」と軽い感じで聞くことができます。くだけた雰囲気がありますが、一定の丁寧さも残っています。
  4. What’s the deal with…?
    「~についてどうなの?」と尋ねる表現です。カジュアルな会話でよく使われます。
  5. What’s up with…?
    「~はどう?」と聞く表現です。カジュアルで親しみやすい感じがあります。

これらの表現を使って、親しみやすい雰囲気の中で相手に情報を教えてもらいましょう。ただし、初対面の人や目上の人には丁寧な表現を使ったほうが良いでしょう。

相手に丁寧に頼む「教えてください」の丁寧な表現

英語で相手に教えてほしいことを丁寧に頼む場合、以下のような表現を使うことができます。

  1. “Could you please tell me 〜 ?” : この表現は、直訳すると「〜を教えていただくことはできますか?」となり、相手に敬意を示しながら頼むことができます。
  2. “Would you mind telling me 〜 ?” : この表現は、「〜を教えていただくことはお気になさらずですか?」という意味で、相手に配慮しながらお願いする際に適しています。
  3. “I would appreciate it if you could tell me 〜 ” : こちらは、「〜を教えていただけると助かります」というニュアンスで、事前に感謝の意を示すことで丁寧さを演出できます。
  4. “Can I ask for your assistance with 〜 ?” : 直訳すると「〜に関してお手伝いをお願いしてもよろしいですか?」となりますが、教えてほしいことが「お手伝い」に当たる場合、この表現を用いることができます。

英語で丁寧に「教えてください」と頼む際には、文法や言い回しにも注意が必要です。特に、”Could you” や “Would you mind” などの丁寧な表現は、相手に敬意を示すために重要なポイントとなります。

また、最後に “Please” を付け加えることで、さらに丁寧さを強調することができます。例えば “Could you please tell me how to get to the nearest station?” というように、お願い事を伝えた後に “Please” を追加することを忘れずに行いましょう。こうした細かい配慮が、相手に丁寧な印象を与えることに繋がります。

状況に応じて使い分ける「教えてください」の例文

状況に応じて、「教えてください」の英語表現を使い分けることが大切です。「教えてください」のフレーズは、様々な状況で異なる言い回しやトーンを用いることが求められます。例えば、友達とのカジュアルな会話では「Can you tell me how to get there?」と簡単な言い方で伝えることができますが、ビジネスシーンでは「Could you please inform me of the details of the project?」のように、丁寧な表現が求められることがあります。また、知りたい内容や状況によって、相手に丁寧に頼むことが重要です。例えば、「I was wondering if you could help me with this issue」や「Would it be possible for you to provide me with some guidance on this matter?」といった表現で、相手に配慮しながら質問することができます。

まとめて言うと、状況に応じて、「教えてください」の英語表現を適切に使い分けることが、コミュニケーションを円滑に進めるために重要です。相手の立場や状況を考慮し、適切な言い回しを活用して、相手に敬意を払いつつ情報を得ることができます。

まとめ:「教えてください」を英語でうまく伝えるためには?

この記事では、「教えてください」の英語版を場面別に活用できるフレーズを7つ徹底解説しました。日常会話やビジネスシーンなど、様々な場面で使える表現を身につけることで、英語でのコミュニケーションがスムーズになります。また、カジュアルな言い方や丁寧な表現など、相手や状況に応じた使い分けが重要ということを忘れずに。最後に、英語のフレーズを覚えるだけでなく、実際に使ってみることで、理解が深まり、自然な英語表現が身についていきます。どんどん英語でコミュニケーションを楽しみましょう!

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授