【言語の罠】誤解を招く和製英語のリスト:カタカナ英語VS本物の英語

言葉の誤解が生むリスク!和製英語と本当の英語の違い

言語は、人々が互いにアイデアを共有し、コミュニケーションを取るための重要な手段です。しかし、言葉の誤解はコミュニケーションの障壁となり、場合によっては思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

特に、和製英語は英語圏で通じない表現が多く、英語を話す人たちとのコミュニケーションで混乱や誤解を招くことがあります。和製英語とは、日本語で英語風に作られた言葉で英語圏の人たちには通じないことが多いのです。例えば、「アメリカンドッグ」と言っても、アメリカ人は「コーンドッグ」のことを理解できません。このような誤解が、ビジネスや留学で海外で暮らす人たちの生活に悪影響を与えることがあります。

そのため、和製英語と本当の英語の違いを理解し、正しい英語表現を身につけることは、円滑なコミュニケーションのために欠かせません。次の章では、実際に使われているカタカナ英語と本物の英語のリスト30選を見ていきましょう。

よく使うのに間違っている!カタカナ英語と本物の英語リスト30選

実は私たちが普段使っているカタカナ英語の中には、英語圏の人々に誤解を与えることがあるものがたくさん存在します。それらは和製英語と呼ばれ、日本独自の言葉の使い方や意味があります。

そこで今回は、間違って覚えてしまっているカタカナ英語と、その本当の英語の意味をご紹介します。

  1. アメフト: 本当の英語は “American football”
  2. コンセント: 本当の英語は “electrical outlet” または “power outlet”
  3. アイス: 本当の英語は “ice cream”
  4. ワイシャツ: 本当の英語は “dress shirt” または “button-down shirt”
  5. コンパ: 本当の英語は “party” または “gathering”
  6. ガソリンスタンド: 本当の英語は “gas station” または “petrol station”
  7. クレープ: 本当の英語は “crepe” で発音が違う
  8. リモコン: 本当の英語は “remote control”
  9. マンション: 本当の英語は “apartment building”または”condominium”
  10. パンスト: 本当の英語は “pantyhose”
  11. ベビーカー: 本当の英語は “stroller” または “pram”
  12. ジェットコースター: 本当の英語は “roller coaster”
  13. コンビニ: 本当の英語は “convenience store”
  14. ドンマイ: 本当の英語は “Don’t worry about it” または “It’s okay”
  15. サインペン: 本当の英語は “marker” または “permanent marker”
  16. バイキング: 本当の英語は “buffet”
  17. バックミラー: 本当の英語は “rearview mirror”
  18. フリーサイズ: 本当の英語は “one size fits all”
  19. シャッターチャンス: 本当の英語は “photo opportunity”
  20. ファミレス: 本当の英語は “family restaurant”
  21. エアコン: 本当の英語は “air conditioner” または “AC”
  22. セーター: 本当の英語は “sweater” で発音が違う
  23. エスカレーター: 本当の英語は “escalator” で発音が違う
  24. メール: 本当の英語は “email”
  25. スマホ: 本当の英語は “smartphone”
  26. プリクラ: 本当の英語は “photo booth”
  27. ハンカチ: 本当の英語は “handkerchief”
  28. テーマパーク: 本当の英語は “theme park” または “amusement park”
  29. ゲームセンター: 本当の英語は “arcade”
  30. デパート: 本当の英語は “department store”

このように、普段私たちが使っているカタカナ英語の中には、英語圏では通じないものが多々あります。気をつけて使いましょう。

本物の英語と和製英語の見分け方  

和製英語と本物の英語を見分けることは、実際のコミュニケーションにおいて非常に重要です。間違った言葉を使うことで、相手に混乱や誤解を与えてしまうことがあるため、以下のポイントを抑えて、正しい英語を使いましょう。  まず第一に、言葉の意味をしっかりと理解することです。和製英語は、日本独自の言葉が英語の単語として使われていることが多いため、それをそのまま英語圏の人に使っても通じないことがあります。本来の英語の意味とどのような違いがあるのかを把握し、正しい単語を使うように心掛けましょう。  次に、和製英語の発音に注意してください。カタカナ英語は日本語の発音に合わせていることが多いので、そのまま英語圏の人に言っても聞き取れないことがあります。英語の発音を学び、正しい発音で言葉を伝えるように努めましょう。  最後に、英語の熟語やフレーズを覚えることも効果的です。和製英語が本当に存在しない言葉であることもあれば、単語自体は存在するものの、その使い方が異なることがあります。日常的な英会話でよく使われるフレーズや熟語を学ぶことで、英語を自然に使えるようになります。

以上の方法で、和製英語と本物の英語を見分けることができます。正しい英語を使うことは、相手に失礼にあたらないだけでなく、自分の英語力向上にも繋がるため、日々の学習の中で意識していきましょう。

まとめ

この記事では、誤解を招く和製英語について取り上げ、そのリスクや本物の英語との違いを明らかにしました。また、よく使われるカタカナ英語と本物の英語のリストを30選ご紹介し、それらの言葉を使う際の注意点や見分け方について解説しました。

これらの和製英語は、日本の英語教育の中で生まれたものであり、そのため日本人にとっては非常に馴染みやすい言葉です。しかし、海外でコミュニケーションをする際には、これらの誤解を招く言葉が問題となることもあります。今回の記事を参考に、日常生活やビジネスシーンでの英語使用時に注意していただければと思います。

最後に、本物の英語と和製英語の見分け方や違いを理解することで、よりスムーズなコミュニケーションが可能となります。これからも英語を磨いて、国際社会で活躍できるよう努力しましょう!

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授