ビジネス英語の極意!メールやSNSで通用する英語略語

ビジネス英語の基本:メールやSNSでよく使われる略語

ビジネス英語のコミュニケーションにおいて、メールやSNSでよく使われる略語を知っておくことは非常に重要です。

これらの略語は、日常的に使われる言葉を短縮したもので、相手に伝えたいことを簡潔かつ効率的に伝えることができるため、ビジネスシーンにおいては重宝されます。

例えば、ASAP(As Soon As Possible: 可能な限り早く)、EOM(End of Message: メッセージの終わり)、FYI(For Your Information: ご参考までに)などが挙げられます。

これらの略語は、ビジネスメールやチャットツールで頻繁に見かけるため、覚えておくことでコミュニケーションをスムーズに行うことができます。

【20個】メールやSNSでよく使われる略語一覧

  • ASAP – As Soon As Possible(できるだけ早く)
  • BTW – By The Way(ちなみに)
  • BRB – Be Right Back(すぐ戻ります)
  • BFF – Best Friends Forever(永遠の親友)
  • DM – Direct Message(ダイレクトメッセージ)
  • FYI – For Your Information(ご参考までに)
  • GTG – Got To Go(行かなきゃ)
  • IDK – I Don’t Know(分からない)
  • IMO / IMHO – In My Opinion / In My Humble Opinion(私の意見では / 謙虚な意見として)
  • IRL – In Real Life(現実で)
  • JK – Just Kidding(冗談だよ)
  • LMK – Let Me Know(教えてください)
  • LOL – Laughing Out Loud(大笑い)
  • NVM – Never Mind(気にしないで)
  • OMG – Oh My God(おやまあ)
  • ROFL – Rolling On the Floor Laughing(床を転がって笑っている)
  • TBH – To Be Honest(正直に言うと)
  • TTYL – Talk To You Later(また後で話すね)
  • TY / TYSM – Thank You / Thank You So Much(ありがとう / 本当にありがとう)
  • WTF – What The F***(何じゃこりゃ)
  • YOLO – You Only Live Once(一度きりの人生だから)

これらの略語は、状況や相手によって使い分けることで、ビジネス英会話のスキルが向上し、相手からもプロフェッショナルであるという印象を与えることができます。

略語を活用することで、簡潔かつ効率的にコミュニケーションを取ることができるため、ぜひ覚えておきましょう。

プロフェッショナルなコミュニケーションのための英語略語活用術

ビジネスの現場で活躍するためには、効率的かつプロフェッショナルなコミュニケーションが求められます。そこで、英語略語を上手に活用することが重要です。以下に、プロフェッショナルなコミュニケーションのための英語略語活用術をご紹介します。

まず、英語略語を使用する場面や相手を見極めましょう。フォーマルな状況や上司、クライアントなどに対しては、略語を使わず完全な英文を用いることが望ましいです。一方、同僚や部下との日常的なやり取りでは、効率的なコミュニケーションのために略語を活用しても問題ありません。

次に、英語略語の正確な意味やニュアンスを理解しておくことが大切です。誤った略語や意味の理解によっては、相手に混乱や誤解を与えてしまう可能性があるためです。

また、英語略語を使う際は、過度な省略や短縮を避けることが重要です。相手が理解できない略語や文章は、コミュニケーションの効果を損ないます。

最後に、常に最新の英語略語を学ぶ姿勢を持つことが大切です。特にグローバルなビジネスの現場では、新しい略語が次々と生まれています。日々情報を収集し、適切な英語略語を取り入れることで、プロフェッショナルなコミュニケーションを実現しましょう。

以上の方法を取り入れることで、ビジネス英語でのコミュニケーションがスムーズになり、自信を持って英語を用いることができるでしょう。略語活用術を駆使し、ビジネスの現場で成功しましょう。

この記事の監修者
土岐田健太

上智大学文学部英文学科卒。同大学院文学研究科英米文学専攻博士前期課程修了。上智大学学業奨励賞受賞。「教養に裏打ちされた英語力の養成」「将来まで通用する英語力の養成」を掲げ、洞察力に富んだ授業は、受講者の可能性を無限に拡げる。「目標」を明確にし、そこで結果を出すための勉強法や動機付けを個人に最適化した「オンラインパーソナルコーチング」で成果を上げている。Queenの楽曲と『ロミオとジュリエット』を換骨奪胎した演劇『Q: A Night At The Kabuki』(野田秀樹氏脚本)では台本英訳も担当し、字幕サービスに活用されるなど、英語表現力も評価されている。著書に『ビジネスに効く! 英語の教養}(ビジネス社)、『1回1分でサッとおさらいマンガでゆるっと英語』、『英作文トレーニングドリルTransform』(学研プラス)などがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。