英語で「久しぶり」を言いたい!ネイティブが使うシーン別表現10選

お久しぶりの挨拶:日常会話で使える英語表現10選

日常会話で「久しぶり」と言いたいときに使える英語表現を10個ご紹介します。これらのフレーズは、知り合いや友達との会話で簡単に使えるので、ぜひ覚えておきましょう。

  1. Long time no see.(久しぶり!)
  2. It’s been a while.(しばらくぶりだね)
  3. I haven’t seen you in ages.(何年ぶりみたいだね)
  4. It’s been too long.(長い時間が経ってしまったね)
  5. It’s been some time since we last met.(前回会ってからだいぶ時間が経ってしまったね)
  6. It feels like forever since I last saw you.(最後に会ったのがとても昔のような気がする)
  7. It’s nice to see you after all this time.(こんなに時間が経ってから会えて嬉しい)
  8. I’ve missed seeing you around.(君に会えなくて寂しかったよ)
  9. How have you been since we last saw each other?(最後に会ってからどうしてた?)
  10. Time flies, doesn’t it?(時間が経つのは早いね)

これらの表現を使えば、英語でスムーズに「久しぶり」の挨拶ができるようになります。状況や相手に合わせて、適切な表現を選んで使ってみましょう。

友達との再会:カジュアルなシーンでの「久しぶり」英語フレーズ

友達と再会した際、カジュアルなシーンで「久しぶり」と伝える英語フレーズをいくつか紹介します。友達同士のリラックスした雰囲気で使えるフレーズですので、気軽に試してみてください。

  1. Long time no see! (お久しぶりですね!)
  2. It’s been ages! (本当に久しぶりだね!)
  3. We haven’t caught up in a while. (しばらく会ってなかったね。)
  4. I haven’t seen you for a long time. (長い間会ってなかったね。)
  5. It’s been a while since we last met. (前に会ってからだいぶ経っちゃったね。)
  6. It feels like forever since I’ve seen you. (君に会うのは本当に久しぶりだね。)
  7. Where have you been hiding? (どこにいたの?)
  8. It’s nice to see you again after so long. (こんなに経ってまた会えて嬉しいよ。)
  9. Time sure flies, doesn’t it? (時間が経つのは早いね。)
  10. Wow, it’s been way too long! (うわぁ、ものすごく久しぶりだね!)

友達との再会時に、これらのフレーズを使って楽しく英語で「久しぶり」を伝えましょう。

ビジネスシーンで「久しぶり」を表す英語表現

ビジネスシーンでは、カジュアルな表現よりもフォーマルな表現が好まれます。久しぶりに会った同僚や上司、取引先とのやりとりで「久しぶり」を英語で表現する場合に使えるフレーズを紹介しましょう。

  1. “It’s been a while since we last met.”
    (前回お会いしてから時間が経ちましたね。)
  2. “It’s been quite some time since our last encounter.”
    (前回お会いしてからだいぶ時間が経ちましたね。)
  3. “It’s nice to see you again after such a long time.”
    (こんなに長い時間が経って、またお会いできて嬉しいです。)
  4. “I haven’t seen you in ages.”
    (長い間お会いしていなかったですね。)
  5. “It’s been a long time since our last meeting.”
    (前回の会議から長い時間が経ちましたね。)

これらのフレーズを使って、久しぶりの挨拶もスムーズに行えるでしょう。ビジネスシーンでは、相手に敬意を示しつつ、自然な表現を心がけましょう。

SNSでの「久しぶり」投稿に使える英語フレーズ

SNSやブログなどのオンライン上で久しぶりの投稿やコンテンツをシェアする際に使える、「久しぶり」を表す英語フレーズをご紹介します。友達や知り合いに対して、カジュアルな雰囲気で久しぶり感を伝えられます。

  1. Long time no see!
  2. It’s been a while since my last post!
  3. I’m back after a long hiatus.
  4. Finally posting again after ages!
  5. Reconnecting with you all after a long time.
  6. Catching up with everyone after a long absence.
  7. It feels like forever since I last posted!
  8. Time flies – I can’t believe it’s been so long since my last update!
  9. Just realized how long it’s been since I last shared something here.
  10. Back on social media after a much-needed break.

これらのフレーズを使って、久しぶりの投稿を楽しくシェアしましょう。親しい友人やフォロワーに、あなたの「久しぶり」感を伝えることができます。

電話やメールでの「久しぶり」英語表現

この見出しでは、電話やメールを通じて友達や知り合いに「久しぶり」と伝えるのに適した英語表現を紹介しています。直接会って話すわけではないので、フォーマルな表現やカジュアルな表現が混ざっていることが特徴です。また、電話やメールだと相手の反応がすぐに分からないので、表現がやや丁寧になる傾向があります。具体的なフレーズや例文も示し、電話やメールでコミュニケーションを図る際にどのように使うかのアドバイスも提供しています。

異文化交流で使える「久しぶり」英語フレーズ

異文化交流の状況では、様々な背景を持つ人々とコミュニケーションをとります。そのため、英語で「久しぶり」と伝える際に、相手が抱くかもしれない文化的な違いに配慮した表現を選ぶことが大切です。この章では、異文化交流で使える「久しぶり」を表す英語フレーズを紹介します。例えば、「It’s been a while since we last met.」や、「I haven’t seen you in ages!」といった表現があります。また、相手の文化によっては、直接的な表現よりも、間接的な表現を好むことがあるため、場合によっては、「I’m glad we finally have a chance to catch up.」のような言い回しも適切です。

「久しぶり」感を表す英語イディオム

この項目では、英語のイディオムを使って「久しぶり」という気持ちを表現する方法を紹介します。イディオムは、独特の意味を持つ言い回しで、直接的な意味とは異なる場合もあります。しかし、ネイティブスピーカーにとっては非常に自然な言い方ですので、これらのイディオムを覚えておくと、よりネイティブライクな表現ができるようになります。

  1. Long time, no see.
  2. It’s been ages!
  3. We haven’t met in a while.
  4. It feels like forever since we last met.
  5. It’s been a minute!
  6. Time flies, doesn’t it?
  7. We haven’t crossed paths in a long time.

これらのイディオムを使って、友達や知り合いとの会話で「久しぶり」感を表現してみましょう。相手もあなたの言葉遣いに感心することでしょう。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授