TOEICの勝負は時間配分!当日のスケジュールをチェックしてスコアアップ

TOEICの問題形式

TOEIC(Test of English for International Communication)は、ビジネスシーンを中心に、英語によるコミュニケーション能力を測る国際的な試験です。試験はリスニングとリーディングの2つのセクションで構成されており、それぞれの問題形式を理解することがスコアアップに繋がります。

リスニングセクションでは、4つのパートから成り立っています。パート1では、写真と短い会話を聞いて正しい答えを選びます。パート2では、短い質問と3つの答えを聞いて、最も適切なものを選びます。パート3では、会話文を聞いて、複数の質問に答えます。パート4では、短い講演や報告を聞いて、複数の質問に答えます。

リーディングセクションも、3つのパートから構成されています。パート5では、未完成の文章を完成させるために、最も適切な1語を選びます。パート6では、文章を読んで、空欄に入る最も適切な語句を選びます。パート7では、長文を読んで、質問に答えます。

以上がTOEICの問題形式です。続いて、TOEIC試験当日の成功へ導く時間配分のポイントをご紹介します。

TOEIC試験当日の成功へ導く時間配分のポイント

TOEIC試験当日は、適切な時間配分をすることが、スコアアップのカギとなります。ここでは、試験当日を無駄なく過ごすための時間配分のポイントを紹介します。

まず、試験当日の朝は、十分な時間を確保して朝食を摂ることが大切です。脳はエネルギーを必要とするため、適切な栄養補給が大切です。また、試験会場に早めに向かうことで、余裕を持って試験に備えることができます。

試験が始まる前には、試験時間のスケジュールを確認しておくことが重要です。リスニングパートは45分、リーディングパートは75分の制限時間が設けられています。試験中は、それぞれのパートの時間配分を意識して、焦らず着実に問題を解くようにしましょう。

また、リラックスしながら試験に取り組むことが大切です。休憩時間は十分に休息を取り、緊張を和らげるように心がけましょう。試験後には、適度な運動やリラクゼーションを行い、次の試験に備えることが重要です。

以上のポイントを押さえて、試験当日の時間配分を工夫することで、スコアアップに繋げましょう。

スコアアップを目指すための効果的なスケジュール管理法

TOEICのスコアアップを目指す上で、スケジュール管理は非常に重要です。効果的なスケジュール管理法を実践することで、短期間で成果を上げることが可能となります。以下にご紹介するスケジュール管理法は、TOEIC対策の時間を最大限生かすためのアプローチです。

まず、自分に合った勉強のリズムを見つけることが大切です。毎日同じ時間帯に勉強することで、習慣づけができます。一方で、無理なペースで勉強すると疲れがたまり、効率が悪くなるため、自分に適した休憩のタイミングも取り入れることが重要です。

次に、目標とするスコアに対して、逆算して勉強計画を立てます。試験までの残り日数から、1日あたりの勉強時間を算出し、効果的な学習計画を作成しましょう。また、週ごとに目標を設定することで、一貫性のある計画が作れます。

さらに、リスニングとリーディングそれぞれのスキル向上には、独自の対策が必要です。例えば、リスニングは毎日短時間でも継続して聞くことが効果的ですが、リーディングは長時間集中して行うことが望ましいです。そのため、両方をバランスよく取り入れたスケジュールが理想的です。

最後に、定期的な自己評価を行い、アウトプットの機会を増やすことも大切です。模擬試験や過去問題を活用して、自分の理解度を確認しましょう。また、会話の練習や英作文など、実践力を高める方法を取り入れることで、さらなるスコアアップが期待できます。

以上の効果的なスケジュール管理法を実践することで、TOEICのスコアアップを目指しましょう。

TOEIC試験で勝負を決める!緊張を解消するためのリラックス方法

試験は誰でも緊張するものです。特に、TOEICのような重要な試験は緊張がピークに達することも。そんな緊張を解消し、リラックスして試験に挑むための方法を紹介します。まず、試験前夜は十分に睡眠をとることが大切です。翌日に備えて、リラックスした状態で朝を迎えましょう。さらに、試験会場への移動中も、深呼吸を行うことでリラックス効果が得られます。試験会場に到着したら、周囲の人との会話や、思い出の場所を想像することで心を落ち着けましょう。そして、試験中も時々深呼吸を行い、緊張をほぐしていくことが大切です。緊張を解消することで、集中力が上がり、実力を発揮できる確率が高まります。

勝負の分かれ目!リスニング・リーディングパート別対策

TOEIC試験は、リスニングとリーディングの2つのパートで構成されており、それぞれのパートに対する対策が必要です。リスニングパートでは、問題のスピードや音声の聞き取りに慣れることが重要です。具体的には、英語のラジオ番組やポッドキャストを聞く習慣をつけることで、リスニング力を鍛えることができます。また、リーディングパートでは、語彙力や文法力を高めることがポイントです。英語の記事や教材を読んで、知らない単語や表現に出会ったら、意味を調べて覚えることが効果的です。両パート共通の対策として、過去問題を解いて慣れることも大切です。過去問題を繰り返し解くことで、試験のパターンや問題の出題傾向に慣れてスムーズに問題を解決できるようになります。

試験時間帯にフィットさせる!調整型勉強スケジュール

TOEIC試験当日にフィットさせる調整型勉強スケジュールとは、具体的には、試験日に合わせた練習スケジュールを作成することです。例えば、TOEIC試験が午前中に行われる場合、普段の勉強も午前中に集中させるように調整しましょう。これにより、試験当日の集中力や疲労を軽減し、最高のパフォーマンスを発揮できるようになります。また、週末や休日に模擬試験を受けることで、試験日の状況に慣れることも大切です。さらに、練習時間を徐々に延ばし、試験本番と同じ時間配分でトレーニングを行うことが効果的です。最後に、睡眠や食事などの生活リズムを整えることも、試験当日に向けた重要な調整ポイントです。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授