【1万人指導】TOEIC700点のレベルと難易度は?

近年、英語の需要はとても広がってきています。
大学受験就職ではもちろん英語ができることはとても強い武器になることに加え、日常生活においても、英語ができることで得をすることはたくさんあります。

社会は、どの程度の英語力を求めているのでしょうか。
一般的には、TOEIC600点があれば履歴書に書いても恥ずかしくはないと言われています。

しかし、TOEIC600点では足りません。

なぜなら600点では、「英語の仕事を任せる指標」にはなりにくいからです。
TOEICの勉強をするなら周りと差がつく700点800点を狙いましょう!

土岐田 健太

今回は、まず700点はどのように突破できるのかを解説します!

この記事でわかること
  • TOEIC700点のレベル
  • TOEIC700点のための参考書
  • TOEIC700点を突破するための方法

TOEIC700点のレベル

TOEIC700点のレベルは下記の図のとおりです。

TOEIC700点は評価が高いため、達成する難易度も高いです。

700点を取るためにどのくらいの時間が必要なのかは、また別の記事でまとめているので是非みてみてください。

TOEIC700点のための勉強法

できるだけ早くTOEIC700点を突破したい人が多いと思います!

そのような時には、自己流で学習を進めていくよりも実績のある正しい勉強法で学習を進めていくことの方が早く突破できることがほとんどです。

まずは、正しい勉強法とはどのようなものなのかを学びましょう!

上記の記事を読んでもらえたら、勉強法についてはわかっていただけたと思います!

しかし、どの参考書を使えばいいのかわからなかったという方いるのではないでしょうか。

そのような方は次はこの記事を読んでみてください!
詳しくどの参考書をどのように使うべきなのかを解説しています!

最後に

今回は、TOEIC700点のレベルと難易度その勉強法についてまとめました。

700点を突破するにはそれなりの努力が必要です。
正しい勉強法で最短での突破をし700点にとどまらず800点を目指して学習してください。

土岐田健太

一緒に、700点を突破しましょう!!

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授