【TOEIC満点が語る】TOEIC part5対策のおすすめ参考書

TOEICを勉強する上で、参考書は必要不可欠な存在です。

しかし、実際に参考書を使おうとした時、参考書選びに悩んでしまう人は多いでしょう。

今回はTOEIC part5対策におすすめの参考書を紹介するので、悩んでいる人はぜひ参考にしてください!

土岐田健太

参考書選びに時間をかけず、英語を勉強する時間を確保しましょう!

この記事でわかること
  • 参考書の使い方
  • part5対策のおすすめ参考書

参考書の使い方

土岐田健太

まずは参考書の効果的な使い方を紹介します!

参考書を効果的に使うためには、意識するべきことが2つあります。

①3つのステップを踏む

英語力を効率的に学び、確実に定着させるためには、

  • インプット
  • アウトプット
  • 実践

の3つのステップを踏むことが重要です。

それぞれのステップに適した参考書を使用し、効果的に学習しましょう!

②いろいろな参考書に手を出さない

参考書を使うときは、たくさんの参考書を浅く使うのではなく、数冊の参考書を深く使うようにしましょう!

参考書がたくさんあるとどれから手をつけるべきか悩んでしまう上に、ひとつひとつの参考書の習得度が低くなってしまうため、結果的に勉強の効率が悪くなってしまいます。

参考書を選ぶ時には、上記の2つのことを意識するようにしましょう!

おすすめの参考書

土岐田健太

ここからは、参考書の使い方で紹介した3つのステップごとにおすすめの参考書を紹介します!

インプット編:世界一わかりやすいTOEICテストの英文法

世界一わかりやすいTOEICテストの英文法

価格1650円
特徴関正生著
解説が丁寧で文法の本質が理解できる

使い方

あまり時間をかけすぎずに、英文法の全体像をつかみましょう。

脳の仕組み上、インプットだけでは脳への定着が悪いため、さらっと読んでアウトプットに進み、苦手な部分がわかったらまたその部分の解説を読みに戻ってくるという使い方をおすすめします!

アウトプット編:TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

価格2530円
特徴TEX加藤著
TOEICテストで必要となる文法語法知識が網羅されているため体系的に学習ができる

使い方

最初にスピードを意識して全ての問題を解き、「わかる問題」と「わからない問題」に分け
わからない問題を重点的に学習しましょう。

単元ごとに分かれているため、苦手な分野がわかったらインプットに戻るのもいいです。

本冊の問題をシャッフルしてコンパクトにまとめた別冊も付いているため、総復習や外出先での学習もはかどります。

実践編:公式 TOEIC Listening&Reading 問題集 8

公式 TOEIC Listening&Reading 問題集 8

価格3300円
特徴IIBCの公式問題集(最新)
ナレーターや問題の難易度などが一番本番に近い問題集

使い方

インプット、アウトプットが終わったら、実践問題を解いて本番の試験の感覚をつかみましょう。

ここで一番大事なのは、時間を意識することです!

TOEICのテストを解く時にpart5にかけることができる時間は10分だと言われています。

その時間内に解けるよう、瞬時に答えを導く瞬発力を身につけましょう!

最後に

今回は、参考書の使い方とpart5対策におすすめの参考書について解説しました。

参考書を使う上で意識するべきことは、

  • 3つのステップを踏む
  • いろいろな参考書に手を出さない

ということでした!

参考書選びも大切ですが、一番重要なのは、「参考書をどのように使うか」です!

今回紹介したことを参考にし、効率的にpart5の対策をしましょう!

この記事がより多くの英語学習者に届いて、これからの英語学習の参考になれば幸いです!

現在Libartsでは、「無料」で英語の学習相談を行っているので、英語学習で悩んでいる方は、一度ご相談ください!

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授