英語要約のテクニック!書き方のコツと実例で理解する英文要約術

英語要約の基本とポイント

英語要約の目的は、元のテキストの主要な情報を短くまとめ、読者にその概要を効果的に伝えることです。要約において重要なポイントとしては、以下の3点が挙げられます。

まず、原文の中心的なアイデアや主題を把握することが大切です。原文を読み込み、その文章が伝えようとしているメッセージを明確に理解しましょう。次に、そのメッセージを簡潔かつ明確に表現することが求められます。無駄な言葉や詳細を省き、要点を短くまとめることが重要です。最後に、要約後の文章が一貫性を持ち、読みやすい形になるように配慮しましょう。文法や語彙の選択、情報の整理も要約のクオリティを左右します。

以上の基本的なポイントを抑えながら、英語要約の技術を磨いていくことが、効果的な英文要約を作成するための第一歩となります。

書き方のコツ:簡潔さと明確さを追求

英文要約では、簡潔で明確な文章を心がけることが重要です。まず、冗長な表現や重複している情報は避け、要点をシンプルに伝えるようにしましょう。また、短くてわかりやすい単語やフレーズを選ぶことも大切です。読み手がすぐに理解できるよう、主語・動詞・目的語の構造を明確にし、文章をシンプルに整理することが求められます。

次に、英文の要約では省略できる箇所を見つけることも大切です。例えば、副詞や形容詞を取り除くことで文章を簡潔にすることができます。また、情報をデータや数字で表現することも効果的です。

さらに、読み手に配慮し、語彙や文法のレベルも考慮してください。難しい単語や専門用語は避け、状況に応じて言い換えや同義語を使うことで、より分かりやすい文章になります。

要約の際には、必ず全体の意味や主題が伝わるよう注意しましょう。また、オリジナルの文章のニュアンスやトーンもできるだけ保つよう心掛けてください。

要約のコツをマスターすることで、英文の理解力や表現力が向上し、効果的なコミュニケーションができるようになります。積極的に練習し、日々のスキルアップを目指しましょう。

実例を通じた英文要約の手順

英文要約の手順を理解するためには実例を通じて学ぶことが効果的です。まず、元の文章をしっかりと読み理解しましょう。それから、文章の中心となるテーマや主題を把握して、要約の基盤を作ります。続いて、重要な要素やキーワードを見つけ出し、それらを繋げるような形で要約文を構築していくことが大切です。

具体的な例として、以下のような英文があったとします。

“Modern technology has significantly changed the way we live and work, making our lives more convenient and efficient. However, the excessive use of technology can lead to negative effects on our physical and mental health, as well as our personal relationships.”

この文章を要約する場合、次のように短くまとめることができます。

“Technology has improved our lives, but its excessive use can harm our well-being.”

要約文では、元の文章の主要な意味を伝えることができる言葉を選び、簡潔かつ明確に表現することが重要です。実例を通じて学ぶことで、効果的な英文要約の方法を身につけることができるでしょう。

語彙の選び方:わかりやすさを重視

英文要約では、読み手が理解しやすい単語を選ぶことが重要です。専門用語や漠然とした言葉は避け、具体的で分かりやすい言葉を選びましょう。また、同じ意味を持つ単語でも、より一般的で短い単語を選ぶことで、要約の簡潔さにもつながります。

語彙を選ぶ際には、対象となる文書や読み手の知識レベルを考慮することも大切です。専門性の高い内容であっても、できるだけ多くの人に伝わるような単語や表現を選びましょう。また、冗長な表現や非常に難解な単語は避けることで、読み手にストレスを与えず、メッセージが伝わりやすくなります。

例えば、「環境負荷」という言葉は一般的によく使われているため、そのまま使用しても問題ありませんが、「二酸化炭素排出量を減らす」という具体的な表現に置き換えることで、より分かりやすく説明できます。

英文要約での語彙選びは、より具体的で簡潔な単語を選ぶことで、読み手にわかりやすく伝えることができます。言葉選びに注意して、効果的な英文要約を目指しましょう。

情報の整理と選択:重要な要素を把握

英文要約で最も重要なのは、情報の整理と選択です。まず、元の文章を読んで、その中で重要だと思われる情報をピックアップしましょう。その際、要約する目的や対象者を考慮して、どの情報が主要であるかを見極めます。

次に、選んだ情報を整理して、わかりやすい形にまとめます。このプロセスでは、関連する情報をグループ化し、順序立てて整理することが大切です。また、情報の優先順位をつけて、要約の構成に反映させることも重要です。

最後に、選んだ情報をもとに、簡潔で明確な英語で要約を書きます。この際、適切な語彙と表現を使って、元の文章の意味を正確に伝えることを心がけましょう。

情報の整理と選択をうまく行うことで、英文要約の質が大きく向上します。練習を重ねて、このスキルを磨いていきましょう。

修辞技法と表現の工夫

英語要約では、修辞技法や表現の工夫も重要なポイントです。まずは、繰り返しを避けることが大切。同じ単語やフレーズを繰り返さず、類義語や別の言い回しを使って表現の幅を広げましょう。また、助詞や前置詞の省略も要約の効果を高めるポイントです。適切な言葉を使って、情報を簡潔に伝えることができるようになることが目標です。

他にも、比喩や対比といった修辞技法を使って情報を視覚的に伝えることができます。例えば、比喩を使って「彼はライオンのように勇敢だ」と表現することで、簡潔に強い印象を与えられます。

句動詞やイディオムなど、英語特有の表現も適切に使いこなすことで、英語要約が自然で効果的になります。しかし、難しいイディオムや熟語は理解しにくくなることもあるため、適切なバランスが大切です。

修辞技法や表現の工夫を意識することで、英語要約がより自然で効果的なものになります。練習を重ねて、様々な表現方法を習得しましょう。

練習法と効果的な学習アプローチ

英文要約の練習法としては、まず、短い英文から始めることがおすすめです。ニュース記事やエッセイ、小説など、幅広いジャンルから選んで要約の対象を決めましょう。そして、要約を行う際には、1つ目の見出しで述べた基本とポイントを意識して、短く簡潔な文章にまとめることが重要です。

また、練習を重ねることで自然と語彙力や表現力が向上しますが、効果的な学習アプローチとして、短期間で効果を実感するためには、英文要約を日常的に行うことが鍵となります。例えば、毎日1本のニュース記事を要約するという習慣をつけることで、英文要約のスキルを磨くことができます。

さらに、英文要約の練習を行う際には、他人に見せてフィードバックをもらうことも効果的です。自分では気づかない表現の改善点が見えることで、より良い英文要約が書けるようになります。

最後に、英語要約の練習法と効果的な学習アプローチを実践し、継続して取り組むことで、英文要約のスキルを磨いていくことができるでしょう。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授