英語資格検定最新情報|おすすめの検定とその難易度・レベルを徹底解説

英語資格検定の最新情報:おすすめの試験とその特徴

英語能力を証明する資格は数多く存在し、目的やレベルに合わせて選ぶことが大切です。今回は、最新の英語資格検定情報をお伝えし、おすすめの試験とその特徴を解説します。

まず、英語教育において最も普及している「英検」は、初心者から上級者まで幅広いレベルの試験を提供しており、学生から社会人まで対象者が多岐にわたります。さらに、英検はリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの全てのスキルを測ることができるため、総合的な英語能力を評価できます。

次に、「TOEIC」は、ビジネス英語をはじめとして、リーディングとリスニングスキルを測る試験であり、企業での英語力評価や就職活動において非常に有用な資格とされています。また、「TOEFL」は、アカデミックな英語力を評価する試験であり、大学や大学院への留学・進学を目指す方には必須の資格です。

他にも、「IELTS」は、イギリスやオーストラリアの留学や移民を目指す方に有利な試験であり、アカデミックとジェネラルの2つのカテゴリがあります。さらに、「ビジネス英語検定試験」は、ビジネスシーンでの英語力を評価する試験で、社会人やビジネスパーソン向けの資格となっています。

これらの英語資格検定は、それぞれ目的や特徴が異なるため、自分の目標やレベルに応じて選択することが重要です。最新の情報をキャッチし、効果的な試験対策を行いましょう。

各検定試験のレベルと難易度を比較:初心者から上級者まで

英語資格検定試験には、初心者から上級者まで対応したさまざまなレベルと難易度が存在します。ここでは、主要な英語資格試験のレベルと難易度について比較してみましょう。

まず、英検は、10段階のレベルが設定されており、初心者向けの5級から、上級者向けの1級まで幅広くカバーしています。初心者は、5級や4級から始めることがおすすめです。

次に、TOEICは、リスニングとリーディングの2つのセクションで評価され、最高スコアは990点です。一般的に、600点以上がビジネスでの基本的な英語コミュニケーション能力を証明することができます。上級者は、800点以上を目指しましょう。

TOEFLは、アカデミックな英語を評価する試験で、最高スコアは120点です。海外の大学への留学を検討している方は、80点以上を目指すことが一般的です。

IELTSは、英語圏の大学や職場で広く認められている試験で、9段階のレベルが設定されています。5.5~6.5が一般的なコミュニケーション能力を示すレベルであり、上級者は7.0以上に挑戦してみてください。

最後に、ビジネス英語検定は、ビジネスシーンでの英語コミュニケーション能力を評価する試験で、初級者向けの3級から上級者向けの1級までの3つのレベルが設定されています。ビジネス英語を身に付けたい方は、まず3級から受験してみることをおすすめします。

それぞれの英語資格試験には、独自のレベルと難易度が設定されているため、自分の英語力や目的に応じて適切な試験を選ぶことが大切です。

英検・TOEIC・TOEFL・IELTS:検定試験の種類と選び方

英語資格検定にはさまざまな試験があり、それぞれに特徴と目的が異なります。
まずは、代表的な5つの試験について解説しましょう。
英検(英語検定試験)は日本で最も古くからある英語能力試験であり、5級から1級までのレベルがあります。主に日本人向けに開発されており、英語の4技能を測定します。
TOEICはビジネスシーンでの英語力を測定する試験であり、リスニングとリーディングの2つのスキルを評価します。多くの企業が採用活動や社員教育で活用しています。
TOEFLは英語の母国でのアカデミックな環境で生活するための英語力を測定する試験で、アメリカやカナダなど英語圏の大学での進学を目指す人におすすめです。
IELTSはイギリスやオーストラリアなどの英語圏での進学や就労を目的とした英語力を測定する試験で、アカデミックとジェネラルの2つのカテゴリがあります。

各試験の選び方については、自分が何を目的として英語能力を身につけたいのか、どのレベルに達したいのかを明確にし、試験の特徴を理解して選ぶことが大切です。例えば、ビジネスでの活用を考えている場合はTOEICやビジネス英語の資格が適しているでしょう。また、英語圏の大学での進学を目指す場合は、TOEFLやIELTSを取得することが求められることが多いです。自分の目的やニーズに合わせて、適切な英語資格検定試験を選びましょう。

英語資格検定の受験方法・費用・申込手順

英語資格検定試験を受ける際には、まずその受験方法や費用、申込手順を把握することが大切です。各試験の公式サイトには、詳しい情報が掲載されているため、それらを参考にしてください。

英検(実用英語技能検定)
https://www.eiken.or.jp/eiken/

TOEIC
https://www.iibc-global.org/toeic.html

TOEFL
https://www.toefl-ibt.jp/test_takers/

IELTS
https://ieltsjp.com/japan

費用ですが、各試験の受験料は英検が約2,000円~7,000円、TOEICが6,000円程度、TOEFLが約23,000円、IELTSが約25,000円となっています。これらの費用は、受験申込時に支払う必要があります。

申込手順については、各試験の公式サイトにアクセスし、受験申込フォームに必要事項を入力して送信します。その後、受験料の支払い方法が案内されるので、指定された方法で支払いを行い、受験申込を完了させます。

受験に向け、効率的な勉強法やスケジュール管理も重要です。過去問題や模擬試験を活用したり、合格者の体験談を参考にしたりすることで、より効果的な学習が可能です。また、試験日程を考慮して計画的に勉強を進めていくことが、合格への近道となります。

各英語検定の合格者の評価・職場での活用例:実践的な効果を知ろう

英語検定の合格者は、その資格を持っていることで自分の英語能力が認められ、職場や学校での評価が高まることがあります。また、英語資格によっては、海外の企業や大学においてもその価値が認められており、就職や留学の際に有利に働くことが期待できます。

各英語検定ごとに具体的な活用例を見てみましょう。まず、英検はビジネスシーンだけでなく、学校の試験や履歴書でのアピールにも利用されています。次に、TOEICは主にビジネスシーンでの活用が多く、企業内でのキャリアアップや昇格試験の一環として利用されています。TOEFLは、留学や海外の大学受験に必要な資格とされており、多くの学生が受験しています。IELTSも同様に海外留学やビザ申請に利用されることが多い資格です。ビジネス英語検定は、職場での英語使用頻度が高い場合や英語を使ったビジネススキルを身につけたい方におすすめです。

これらの英語資格検定を取得することで、自分の英語力に自信を持ち、職場でのコミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルが向上することが期待できます。実践的な効果を確認することで、どの英語資格検定が自分にとって最適か見極めることができるでしょう。

英語資格検定試験の日程・会場・結果発表:大切な情報をチェック

英語資格検定試験の日程については、それぞれの試験によって異なります。試験ごとに公式ウェブサイトや案内書籍で確認しましょう。また、試験会場は全国各地に設定されており、自分にとって通いやすい場所を選ぶことができます。会場の詳細は試験申し込み時に指定するため、公式サイトや案内書籍でリサーチしておきましょう。

試験結果の発表方法も試験によって異なりますが、多くの場合、公式ウェブサイト上で受験者番号や生年月日等の情報を入力することで確認できます。一部試験では、郵送や電話での結果通知も行われています。結果発表の日程も試験ごとに異なるので、公式ウェブサイトや案内書籍でしっかり確認し、自分の受験結果を見逃さないようにしましょう。また、合格証明書やスコアシートは試験結果発表後に郵送されることが一般的です。

この記事の作成者
大坪政美

大学で35年間教育と研究に従事し、その間、英語による講義、留学生指導、英語論文の執筆、翻訳、国際交流など、英語に関係する業務に携わってきました。退職後、英語教授法のプログラム(カリフォルニア大学)と会議通訳者養成講座(全国学術会議通訳者連盟)を修了しました。そして自身は英検1級を持ち、社会人への資格試験(英検、TOIEC)の指導、中学生への英語指導を行ってきました。

・九州大学農学部卒業
・同大学院農学研究科修士課程修了
・農学博士
・35年間九州大学で教育研究に従事
・カナダマギル大学、イギリスウェルズ大学で研究に従事、ベトナム、インドネシアで  
 JICAプロジェクトに参加
現在 九州大学名誉教授