必見!so that構文の3つの意味と使い方をマスターしよう

so that構文の基本的な意味とは?

so that構文は、英語において目的や結果を示す一般的な表現です。主に、「〜するために」、「〜できるように」といった意味で用いられます。so that構文は、主節と従属節から成り立ち、主節で行われる動作が従属節で示される目的や結果と関連していることがポイントです。

3つの主要なso that構文の使い方を習得

so that構文は、英文において目的や理由を表すために使用されます。以下に、3つの主要なso that構文の使い方を紹介します。

(1) 目的を表すso that構文:
これは、ある行為や状況が達成される目的を示す場合に使用されます。例: 彼は早起きした、(なぜなら)仕事に間に合うために。
英語では、「He woke up early so that he could be on time for work」となります。

(2) 結果を表すso that構文:
ある行為や状況の結果を示す場合に使用されます。例: 君は彼に大声で話した、(だから)彼は君の言うことが聞こえた。
英語では、「You spoke loudly to him, so that he could hear what you said」となります。

(3) 原因・理由を表すso that構文:
ある行為や状況が起こる原因や理由を示す場合に使用されます。例: 桜の花が咲いた、(それで)人々がお花見に行った。
英語では、「The cherry blossoms bloomed, so that people went to see them」となります。

効果的なso that構文の実例

本項では、so that構文をうまく使った効果的な英文の実例を紹介します。これらの例を参考に、自分の英文でのso that構文の使い方を向上させましょう。また、英語の名言や格言にもso that構文が用いられていますので、それらの例も含めて紹介していきます。名言を学ぶことで、構文だけでなく豊かな表現力も身につけることができます。

(1) I woke up early so that I could arrive at work on time.
(早く起きたので、時間通りに仕事に着くことができた)

(2) She studied hard so that she could pass the exam.
(試験に合格するために、彼女は一生懸命勉強した)

(3) We left the party early so that we could catch the last train.
(最終電車に乗るため、私たちは早くパーティーを出た)

so thatとin order toの違いを理解しよう

英語には目的や結果を表す表現がいくつかありますが、その中でも「so that」と「in order to」は非常によく使われます。しかし、どちらも同じような意味を持っているため、使い分けが難しいと感じることもあるでしょう。ここでは、「so that」と「in order to」の違いを理解して正しい使い方をマスターしましょう。

まず、「so that」は結果や目的を表す際に用いられる接続詞です。一方、「in order to」は目的を明確に示すために使われる前置詞句です。この違いを明確にするため、以下の例文を見てみましょう。

  1. I study English so that I can communicate with people from other countries.
    (私は他国の人たちとコミュニケーションを取れるように、英語を勉強しています。)
  2. I study English in order to communicate with people from other countries.
    (他国の人たちとコミュニケーションを取るために、英語を勉強しています。)

例文1では、「so that」が使われており、勉強によって得られる結果(コミュニケーションが取れる)が強調されています。一方で例文2では、「in order to」が使われており、勉強の目的(コミュニケーションを取る)が強調されています。

このように、「so that」と「in order to」は目的と結果を表す際のニュアンスが異なります。これらの違いを理解して、適切な場面で使い分けることが大切です。

よくある間違ったso that構文の使い方を避ける方法

一般的な誤りとして、so thatとsoの使い方が混同されることがあります。soは「~だから」という理由や原因を表しますが、so thatは「~するために」という目的や結果を示すため、意味が異なります。また、so that構文のあとには原則として動詞が続くことが一般的ですが、誤って名詞や形容詞が続くことがあるため注意が必要です。さらに、so that構文の中で主語が不適切に使用されることもあり、適切な主語に置き換えることで誤用を避けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。